化粧下地 ファンデーション 毛穴を隠す

化粧下地とファンデーションを使うポイント

化粧下地の選ぶポイント

 

化粧下地を選ぶとき、まず自分の肌質にあったものをと考えるでしょう。
乾燥肌なら保湿力のあるもの、脂性肌ならテカリをおさえるパウダー等の配合されたもの。
しかしどちらにせよ外せないのはUV効果ではないでしょうか。

 

化粧下地を使う理由として、ファンデーションの密着度を上げる事の他に、紫外線から肌を守ることがあります。昔と今とでは紫外線量が全く違いますからUV効果のない化粧下地を探す方が難しいでしょう。

 

ファンデーションを選ぶポイント

 

次にファンデーションです。
ブランドの化粧品などは、女性に大変人気があります。
例えば、ランコムのパウダータイプものは、伸びの良さやなじんだ後の自然さ、内側から出ているような艶が感じられ、優秀なファンデーションで人気が高いです。

 

しかし、ブランド品でなくても市販で販売されているファンデーションでも優れた化粧品が沢山販売されいるので、実際に試してみて自分に合ったものを使用しましょう。
これも肌質によって、乾燥が進んだ人や荒れやすい人はリキッドタイプがいいかもしれません。

 

使い方について注意するべき点は、化粧水で肌を整えた後化粧下地を塗るわけですが、多すぎると崩れます。
やや少なめかと思う位を薄くのばしたら、すぐにファンデーションは塗りません。
少し時間をおいて、体温で肌に密着しなじんでからにします。
この一手間がファンデーションの仕上がりの良さと持ちの良さを左右します。

 

毛穴を隠す注意点

 

肌の悩みのダントツ一位は毛穴ではないでしょうか。
隠そうとして厚く塗れば、パウダー、リキッドに関わらず、夕方には毛穴の中に粉落ちし脂ぎった毛穴がますます存在感を主張しているでしょう。

 

乾燥していると肌は自分で必死に潤そうとして皮脂を出します。ですから、下地前の保湿がかなり重要ということになります。しっかり保湿すればよけいな皮脂は少なくなるでしょう。

 

それでも脂ぎってきたら、アブラトリガミでそっと押さえて、軽くパウダーをはたきます。
塗り重ねる行為は逆に毛穴を目立たせることになります。

 

また、シミやくすみ、クマがある場合、コンシーラーを使いますが、このコンシーラーこそ使い方に技が必要です。
クレヨンタイプが一番自然に見える人気が高いですが、それでも時間が経つとなんとなくコンシーラーだけ浮いて見えたりして上手く使えないので、使用頻度としては多くありません。

 

リキッドタイプのコンシーラーは使いやすいですが、色が合わないと上手くなじまず難しいと感じます。
どちらにしても今シーズンは次なるファンデーションのタイプと色味に合わせることが重要と思います。